Rg サザビー 塗装。 RGサザビーキャンディ塗装|コジローさんのガンプラ作品|GUNSTA(ガンスタ)

RG サザビー

rg サザビー 塗装

この造形にして圧倒的な可動域なので、その可動域をフル活用することでかなり派手で柔軟なポージングが可能です。 RGの特徴として挙げられるのが、多重インサート成型による「アドヴァンスドMSジョイント」を用いた半完成品状態の関節・フレーム。 内部もかなりメカニカルな造形で、脚部アーマー裏にもモールドが入っています。 適当に何枚か。 (組み立て書にも記載。

次の

【ガンプラ】RG サザビー レビュー

rg サザビー 塗装

シールド• 撮影していて落下する事はありませんでしたが、本体自体がかなり重いので 推奨です。 先ほどと同じように綿棒で押さえつけ、モールドになじませていきます。 これ、買わない理由がありますか!? というわけで、 即買いしてしまったのです笑 お金があったら 『製作用・観賞用・保存用』に 『爆買い』 したいところでしたが、悲しいかな! 私の財政状況がそれを許しませんでした。 MGと同じで特にこれといったモードの名称は無いようです。 脚部側面バーニアの外装部分は展開する事ができます。

次の

『RG サザビー』をスミ入れ+パステルシャドウ『塗装』でよりマッシブに!|ガンダムWALKER

rg サザビー 塗装

ただし、プロペラントタンクのように中央に合わせ目が存在するブロックは、合わせ目消し作業を行う場合はツヤを整える必要があります。 ファンネルは差し替え無しで展開可能、メッキ仕様で本体同様派手な仕上がり。 ガンダムマーカースミ入れペン• 「カクカクしたのはムリ」と言いながら、直線でスジ彫り開始! ほんの少しでもスジ彫りをするだけで、最終的にスミ入れをすると完成時の精密さに差が出てきます。 バレルグリップはモールドの上にパーティングラインがあったので、モールドごと削り落とし、プラ棒で再造形しています。 大きな機体で曲面も多用されているデザインのためメッキが映え かなり存在感が増したように感じます。 ちなみに今回は仕上げに GSI クレオスのを初めて使ってみました。

次の

【ガンプラ】RG サザビー レビュー

rg サザビー 塗装

外装はサザビーらしいレッドカラー。 光沢仕上げは塗装したり磨いたりしないときれいに仕上がりませんが、このプレミアム半光沢は程良いツヤ感がありながらもプラモの安っぽさを軽減してくれてとても良い。 腰部分はサイドアーマーが展開し リアアーマーも広がるように展開。 それ以外は特にメッキされずメタリックの成型色でした。 バックパックのスラスターが可動し、上部の展開に連れて下部のスラスター基部も可動します。 他のシリーズに比べて若干小ぶりになっています。

次の

素組みでガンプラ!缶スプレーを使ったグロス仕上げ【前編】

rg サザビー 塗装

側面から見える内部もメカニカルな造形になっています。 綿棒を使って、ガンプラの角を中心にシャドウをつけていきます。 極薄ベースのツヤ消しシールで、各種コーションマークから独特なデザインのラインマーキングなどが揃っています。 スミ入れは凹みやモールドに陰影をつけるですが、 パステルでのシャドウがけはパーツの角に黒くパステルで塗装をしていき、大味な陰影をつけていくというイメージです。 サザビー、 ビーム・サーベル抜刀! ビーム・トマホークを装備。 サザビーのように美しい三時曲面の装甲表面を痛めたくない場合、このアンダーゲートはとても有効なシステムといえます。 メッキカラーですがメタリックレッドとディープメタリックレッドの2色が使われています。

次の

【ガンプラ改造】RG 1/144 サザビー、バーニアノズルの部分塗装は黄色で。成形色を生かしたメラミンスポンジでのつや消し仕上げ。

rg サザビー 塗装

これがRG、これがサザビーか!と感動すること請け合いですよ。 シールは他のRGと変わらずリアリスティックデカールです。 シールドミサイルを放つサザビー! スタンドで浮かせてみます。 ギミックも共通のため各所の装甲展開ギミックもそのままでした。 その上の左右丸モールドは、メタルパーツを埋め込んでいます。 0[SPN-120]」と「 アルティメットニッパースリムSS」の刃先を比較してみるとこんな感じですよ。 リアアーマーは展開によって露出する部分も少し塗り分けています。

次の

【ガンプラ】RG サザビー レビュー

rg サザビー 塗装

弱点としては 「頭部の可動」「頭部の下側マスク部分が下がりやすい」点、あとは 「アンダーゲートになっているパーツがそこそこあるので組み立てるのに時間がかかる」点。 元々の色がカッコいいので、最低限スミ入れを行い、表面はトップコートでツヤを消すことで 『マット』な仕上がりになり十分カッコいいです! RG サザビーの魅力概要 ここが魅力!• 完成 おすすめガンプラ製作方法|スミ入れ+つや消しトップコート 今回のRGサザビーは• 0[SPN-120]、さらには スリムSSの出番なワケです。 キットが大きいので、小さいアクションベースだと少し物足りないかもです。 このあたりは個体差もあると思うので自分がハズレを引いただけかも。 内部フレームの色合いも、つや消しグレー派とメタリック派に好みは別れますが、内部フレームはクレオスのGXメタルブラックで塗装をしました。 左右で間違えそうになる部分もありましたので、注意ください。

次の

【ガンプラ改造】RG 1/144 サザビー、バーニアノズルの部分塗装は黄色で。成形色を生かしたメラミンスポンジでのつや消し仕上げ。

rg サザビー 塗装

シール貼り:1〜3時間• 「情けないモビルスーツと戦って、勝つ意味があるのか!」 8 月に発売された RG サザビーを組み立ててみました。 腕の曲げ伸ばし 足首もよく動く 片足だちでもバランス感覚のサザビー!! 片足だちの万歳ポーズもなんなくこなします! 足の裏がかなり大きめなので、地面との接地感があります。 RGならではデティールそのものの格好良さ• 定価:7560円• 2018年11月号の月刊ガンダムエース付録、ロング・ライフルを装備させてみた。 表の細かな色分けも完璧で、裏側にも情報量の多いモールドが刻まれています。 こちらも色々な所が開口されていてグレーのパーツが見える作りです。 一番明るい色をベースに調整しました。

次の