療養 就労 両立 支援 指導 料。 B001

療養・就労両立支援指導料の要件が少し緩和されます〈2020診療報酬改定〉|くりちょこ編集委員会|note

療養 就労 両立 支援 指導 料

194• 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 (区域切除で内視鏡支援機器を用いる場合)• 令和2年3月31日に算定している保険医療機関の場合• 通院・在宅精神療法(P36)• なお、「1」を算定した日の属する月に「2」を算定しなかった場合に限り、その翌月から起算すること。 急性期看護補助体制加算 (急性期一般入院料7または10対1入院基本料に限る。 医科診療報酬点数関係• 4 「に規定する相談支援加算については、専任の看護師又は社会福祉士が、療養上の指導に同席し、相談支援を行った場合に算定できる。 今回の改定で新たに気になっていたことがあります。 )に掲げる訪問看護・指導体制充実加算• また、専任の看護師又は社会福祉士については、国又は医療関係団体等が実施する研修であって、厚生労働省の定める両立支援コーディネーター養成のための研修カリキュラムに即した研修を修了していること。 実施方法を変えての開催については、2020年6月24日時点で検討中) 病を持つ労働者に対する 治療と就労の両立支援マニュアル 労働者健康安全機構では、患者(勤労者)の治療と就労の両立支援を進めるため、全国の労災病院において「治療就労両立支援モデル事業」を展開しています。 がんゲノムプロファイリング検査(P28)• マニュアルでは、医療機関において両立支援業務を行ううえで必要な労働関係法令をはじめとする基本的知識やスキル(マネジメントスキル、コミュニケーションスキル)などに加え、「復職(両立支援)コーディネーター業務の実際」が事例展開で紹介されています。

次の

[通知]第7の2 療養・就労両立支援指導料

療養 就労 両立 支援 指導 料

B001-9 療養・就労両立支援指導料 1 療養・就労両立支援指導料は、就労中の患者の療養と就労の両立支援のため、患者と患者を雇用する事業者が共同して作成した勤務情報を記載した文書の内容を踏まえ、就労の状況を考慮して、療養上の指導を行うこと及び当該患者が勤務する事業場において選任されている労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)第13条第1項に規定する産業医、同法第10条第1項に規定する総括安全衛生管理者、同法第12条に規定する衛生管理者若しくは同法12条の2に規定する安全衛生推進者又は同法第13条の2の規定により労働者の健康管理等を行う保健師(以下この区分において「産業医等」という。 136• 4 の規定に基づく産業医等への文書の提供に係る区分番号又は区分番号の費用は、所定点数に含まれるものとする。 168• 全視野精密網膜電図• ただし、スモンについては過去に公的な認定を受けたことが確認できる場合等を含む。 呼吸器リハビリテーション料(P33)• 128• 122• 113• ただし、スモンについては過去に公的な認定を受けたことが確認できる場合等を含む。 心不全に対する遠赤外線温熱療法(P38)• 在宅自己導尿指導管理料、在宅経肛門的自己洗腸指導管理料(P27)• 心臓ペースメーカー指導管理料の注5に掲げる遠隔モニタリング加算• 190• 患者の勤務する事業場の産業医等があらかじめ指定した様式を用いて就労上の留意点等を提供することも差し支えない。 153• 小児科外来診療料• 4.相談体制充実加算については、廃止とする。

次の

中医協総会 「療養・就労両立支援指導料」の対象疾患・要件見直しへ 治療と仕事の両立で評価拡大

療養 就労 両立 支援 指導 料

届出が必要な施設基準 基本診療料• 137• 排尿自立支援加算(P13)• 持続血糖測定器加算 (間歇注入シリンジポンプと連動しない持続血糖測定器を用いる場合)• 小児運動器疾患指導管理料• )が選任されている事業場に就労しているものに限る。 産業医の配置が求められていない規模の中小企業でも衛生管理者等を配置していますので。 に対し、保健医療機関の医師が就労の状況を考慮して療養上の指導を行うとともに、当該患者の同意のもと、産業医に対し、症状、治療計画、就労上の措置に関する意見等の当該患者の治療と仕事の両立に必要な情報を文書により提供することとなる。 精神科急性期治療病棟入院料• 関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。 障害児(者)リハビリテーション料(P34)• 経尿道的尿管ステント留置術、経尿道的尿管ステント抜去術(P41)• 加えて、この診療情報を勤務先に提供した後に勤務環境が変化した場合、その変化を踏まえて主治医らが必要な療養指導を行うことも、別途評価される• がんの他に、 急性発症した脳血管疾患、 慢性肝疾患、 指定難病の患者も対象になります。

次の

療養・就労両立支援指導料の施設基準等|e

療養 就労 両立 支援 指導 料

回復期リハビリテーション病棟入院料、地域包括ケア病棟入院料(P16)• 企業・医療機関連携のためのマニュアル(事例編) 本参考資料は、具体的な事例を通じて、ガイドライン掲載の様式例(ガイドライン「様式例集」)の記載例を示すものである。 鏡視下咽頭悪性腫瘍手術 (軟口蓋悪性腫瘍手術を含む。 月1回・最大3月の算定に これまでは、1回1,000点、「6月に1回限り」の点数でした。 3.対象者について、産業医の選任されている事業場に勤務する者の他に、総括安全衛生管理者、衛生管理者、安全衛生推進者又は保健師が選任されている事業場に勤務する者を追加する。 文書の作成発行にかかる費用については、別に算定できないということが明記されました。 乳房切除術 (遺伝性乳癌卵巣癌症候群患者に対する乳房切除術に限る。

次の

令和2年度診療報酬改定 施設基準の届け出について

療養 就労 両立 支援 指導 料

2.産業医がいない事業場の就業者も対象に そして、対象者の勤務先の条件が緩みました。 182• 相談支援加算(50点)が新設されます。 )、専門病院入院基本料(13対1入院基本料を除く。 130• 様式例集• 政府としては、が75歳以上となる2025年を見据えての支えてを増やしたいという狙いが込められているんのでしょうね。 救急医療管理加算• 外来栄養食事指導料 (注2に掲げる外来化学療法の実施患者の栄養食事指導を行う場合)• 精神療養病棟入院料(P18)• また、点数設計が次のように見直されています。 【脳卒中】• )又は「先天性血液凝固因子障害等治療研究事業実施要綱について」(平成元年7月24日健医発第896号)に掲げる疾患(当該疾患に罹患している患者として都道府県知事から受給者証の交付を受けているものに係るものに限る。

次の

治療と仕事の両立について|厚生労働省

療養 就労 両立 支援 指導 料

188• 相談支援加算は要届出、専任で配置している看護師または社会福祉士が、相談支援を行なった場合の加算です。 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 (肺葉切除または1肺葉を超えるもので内視鏡手術用支援機器を用いる場合)• 経頭蓋磁気刺激療法• 140• 特定薬剤管理指導加算• 142• 2 相談支援加算に関する基準 専任の看護師又は社会福祉士を配置していること。 156• 腹腔鏡下仙骨膣固定術 (内視鏡手術用支援機器を用いる場合)• そのため、産業医を配置できない中小企業に勤務する多くの患者については、仮に指導を行っても、この指導料を算定することはできませんでした。 104• 124• 166• 162• 115• ・主治医 保険医 は、産業医の助言を踏まえ、治療計画の再評価を行う。 精神科退院時共同指導料(P23)• 参考・引用: isomed. 改定後は、 月1回に限り(3月を限度)、 初回800点、2回目・3回目400点に変更されます。 2 療養・就労両立支援指導料は、入院中の患者以外の患者であって、別に厚生労働大臣が定める疾患に罹患しているものの求めを受けて、患者の同意を得て、以下の全ての医学管理を実施した場合に、月1回に限り算定する。 2 2については、当該保険医療機関において1を算定した患者について、就労の状況を考慮して療養上の指導を行った場合に、1を算定した日の属する月から起算して3月を限度として、月1回に限り算定する。

次の

[通知]第7の2 療養・就労両立支援指導料

療養 就労 両立 支援 指導 料

訪問看護情報提供療養費(P78). 超音波検査(P29)• 現在、がん治療も通院治療へとシフトしつつある状況にありますので、リハビリの視点でもこの部分の対応ができるようになると良いなと感じている次第です。 特定入院料の取扱いについて(P62)• 総合入院体制加算(P6)• 187• 158• 117• 縦隔鏡下食道悪性腫瘍手術 (内視鏡手術用支援機器を用いる場合)• 脳血管リハビリテーション料(P33)• ただしその対象は「がん患者」に限定されたものでした。 依存症集団療法2• 経皮的冠動脈形成術 (特殊カテーテルによるもの)• ) (令和2年3年31日において急性期一般入院基本料、特定機能病院入院基本料(一般病棟の場合に限る。 175• ) 令和4年4月1日胃おくに引き続き算定する場合に限るもの• 100• また、外来兼務をさせていただいていたりしたので、そんな中でがん患者さんのリハビリをさせていただくこともありました。 在宅患者訪問看護・指導料、同一建物居住者訪問看護・指導料、精神科訪問看護・指導料(P24)• 特定集中治療室管理料の注5に掲げる早期栄養介入管理加算• 腹腔鏡下リンパ節群郭清術(後腹膜)• 横断的事項(P43)• 疾病の有病率は年齢が上がるほど高くなり、職場の高齢化に対応が求められ、厚生労働省では、このたび「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を作成し治療と仕事の両立支援の促進を周知するとともに、本診療報酬を新設した。

次の

治療と仕事の両立支援に関する診療報酬の新設「療養・就労両立支援指導料」 |新着情報|独立行政法人 労働者健康安全機構 愛媛産業保健総合支援センター

療養 就労 両立 支援 指導 料

療養・就労支援指導料はH30年度の診療報酬改定で新設されたもので、 政府によるを延伸する社会構造を実現するため、治療と仕事が両立できる環境を診療報酬でも評価する 、といった趣旨のものです。 。 実際に経営陣からこの部分のお話が出てくるかはわかりませんが、を踏まえて考えてみたいと思います。 169• ) 令和3年4月1日以降に引き続き算定する場合に限るもの 基本診療料• 同種クリオプレシピテート作製術 施設基準の改正により、令和2年3月31日において、現に当該点数を算定していた保険医療機関であっても、令和2年4月以降において当該点数を算定するに当たり届出の必要なもの• 今日は、その辺の話を詳しく紹介してみたいと思います。 救急医療管理加算(P7)• 手術通則(P38)• 両立支援コーディネーター養成研修とは 「両立支援コーディネーター養成研修」は、厚生労働省の所管法人として2002年に設立された「労働者健康安全機構」が毎年行っているものです。

次の