パッション 代官山。 パッション メニュー:ランチ

パッション(代官山/フレンチ(フランス料理))

パッション 代官山

21:00) 定休日:不定休日あり 駐車場 なし お問い合わせ じゃらん旅行ガイドを見たと伝えるとスムーズです。 最後に登場したのは、単品追加の カスレ"オード・ペイ・カタール"。 その後、名店「イル・ド・フランス」のシェフをつとめ、1984年には代官山「レストラン・パッション」を開店。 一つの意志、姿勢が全体に及んで浸透し、機能している店というのは、実に居心地の良いものだ。 100名様(立食時) 貸切可能人数• 予めご了承ください。 火の熾し具合を調整しながら焼き上げていく「暖炉焼き」は、この店の名物である。 特に、台に乗せてあるのでそう感じるのかもしれない。

次の

レストラン・パッション

パッション 代官山

名称の由来でもある陶製の小鍋(カソール)に入ったカスレは、ゼラチン質たっぷりの表面に綺麗な焼き色がついており実に美味しそう。 予めご了承ください。 メートル・キュイジニエ・ド・フランス• そして、『パッション』の名物料理として忘れてはならないのが、「カスレ」です。 男性用1個• オーナーシェフのアンドレ・パッション氏は、フランスのラングドック=ルシヨン州にあるカルカソンヌ出身。 多くの店でカスレを食べて、「もどき」を自作する私としては、今でもパッション氏本人しか仕込みをしないという 伝統的なカルカッソンヌ風のカスレ を絶対に食べたかった。

次の

【公式】レストラン パッションで結婚式(代官山)

パッション 代官山

そこに豚足・脛等からとったゼラチン質たっぷりのカスレ・フォンを加えて、別途煮上げた白インゲン豆、トゥールーズ・ソーセージ、鴨コンフィ等を加えて煮込む。 東京都食生活文化 銀賞• 2003年 - ル・ビストロ・パッション代官山のオーナー (東京)• 日本におけるフランス料理の発展の立役者である、パッションさん。 赤ワインはボトルで、重厚なフィトゥ(Mont Tauch l'exception '06)を頼んだ。 [夜] ¥10,000~¥14,999 [昼] ¥10,000~¥14,999 支払い方法 カード可 (JCB、VISA、AMEX、Diners、Master) 電子マネー不可 サービス料・ チャージ サービス料:10% 席・設備 席数 40席 個室 有 (4人可、6人可、8人可、10~20人可) 貸切 可 (20人以下可、20人~50人可) 禁煙・喫煙 全席禁煙 駐車場 無 隣接の駐車場をご案内頂けます。 メ ニューの検討中に出てきた最初のアミューズは、 小さなパイが2種。 これは憶測だが、カスレ主体のコース対応と単品対応とでは、ロットの扱いが異なるのかもしれない。

次の

【パッション 代官山】渋谷・目黒・世田谷・フレンチ・フランス料理

パッション 代官山

宿泊施設 / 結納・顔合わせ / 送迎 / 列席者美容着付け / ブライダルエステ / 衣装 / 装花 / 引出物 / 引菓子 / ヘアメイク / カメラ・ビデオ撮影 / ペーパーアイテム / 司会者 / 演奏者 持込可能アイテム• 食前酒を飲んでいる時にテーブルに現れて、「ボンジュール・ムッシュー、コンニチワ」と握手をされた。 まだ、日本にフランス料理が今ほど浸透していなかった当時から、フランス料理店の草分け的存在として、多くのグルマンを魅了してきました。 今 回はランチタイムの訪問でもあり、この店のほんの一部分しか体験できなかったとは思うが、 カスレは期待に違わず美味しかった。 1000人以上のお客さんがカスレを食べに訪れるといいます。 1998年 - レストラン ル・プティ・ブドンのオーナー (東京)• 1968年 - オテル・モン・ガブリエルの副シェフ (カナダ、モントリオール)• このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 様式:• 設備・備品:• アミカル・デ・キュイジニエ・エ・パティシエ・オ・ジャポン名誉会長• 身体に優しいスペシャルなフレンチコースが体験できるまたとない機会に、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

次の

レストラン・パッション

パッション 代官山

パッション氏は結局姿を見せなかった。 おくには1690年からフランスの修道院で使用されていた暖炉があり、夏季以外は薪がくべられており、肉類のグリル料理はこの暖炉で調理しています。 ふたりらしい自由なスタイルのウエディングが叶います。 シラー・グルナッシュを使っており、程よい凝集感があって、安心して飲める美味しいワインだった。 列席者に合わせて個別に料理を選択可能 / デザートビュッフェが可能 / 当日シェフが料理内容の説明や料理の演出をしてくれる / コース内で料理を差し替え可能 / 銘柄指定など、ドリンクの個別オーダーが可能 / オーガニック食材でおもてなし可能 / ウエディングケーキのオーダーメイド可能 手配可能アイテム• カヌレやピスタチオ・タルトをいただき、もう腹一杯で大満足。 ル・コントワール・オクシタン• 2人分からのメニューなので同じものを食べる。 一方で、肝心な白インゲンがヘタリ気味で、テクスチャが崩れている。

次の

アンドレ・パッション

パッション 代官山

舌触りはこってりと厚みがあり、それでいて滑らか。 テーブル個室あり(16名~25名様用)• 濃厚なカスレの後口をすっきりとしてくれた。 ペットリと口に張り付くゼラチン感、強めの塩気は相変わらずで、重い赤ワインととても良く合った。 フライドガーリックとソースも好みでと添えられたが、これは何とも粗野で合わない。 料理上手の母の影響もあり、幼い頃から料理人に憧れを抱き15歳の頃から料理人としての修業を始めました。 多言を交わしたわけではないが、 清々しさすら感じられるパッション氏 であった。

次の

パッション メニュー:ランチ

パッション 代官山

調理熱感にも乏しく、 かなり熟成している印象 がする。 土台が豊かなアルザスの白ワインは、むしろ相方のこのオードブルにマッチした印象だった。 ラズベリーのソースとゆずの香りのソースでいただきます。 いかにも女性向けっぽい綺麗な皿だが、味的にも悪くはない。 レストラン・パッションは、私の感覚に素晴らしくフィットした。

次の

パッション メニュー:ランチ

パッション 代官山

【公式】レストラン パッションのフォト 【公式】レストラン パッションの基本情報 【公式】レストラン パッションの会場データ 会場タイプ レストランウエディング 挙式スタイル• 目的はカスレである。 鴨脂で豚肉角切り、玉葱やニンニクの微塵切りを炒める。 万博が終わった後も、パッションさんは日本に残ることを選択。 「カスレは僕が料理人として修業を始めた時に、一番最初に覚えたスペシャリテ。 前回はランチだったが、 今回はディナーにしてカスレ以外の料理も楽しみたい。

次の