テニス 両手 バック ハンド。 両手バックハンドの体重移動とフォワードスイング

【テニス】両手バックハンドのコツを解説する【2STEPで別人に】

テニス 両手 バック ハンド

両手バックハンドのデメリット デメリットもあります。 身体はまだ横向きです。 野球やゴルフの素振りも腕の力に頼るとブレブレになりますから。 というわけで、バックハンド苦手なあなたはまず、一人でも仲間に手伝ってもらってでも、ラケットを引かず、左手だけでボールを打つ感覚を培ってみましょう。 特に後ろ足の曲げは重要で、 後ろ足を曲げることで、 重心が低くなり、地面から力をもらえるように なります。

次の

バックハンドは片手と両手どっちがいい?? (テニス)

テニス 両手 バック ハンド

長くなりましたが、最後に、参考にさせていただいている「Essential Tennis. 片手バックハンドのデメリット デメリットも見てみましょう。 最初、私はフェデラーに憧れていたので、テニス歴13年のうち10年くらいは片手打ちバックハンドの 選手でした。 前述の通り、スイングスピードに限れば片手バックの方がかなり速いです。 両手バックは自分でも感覚が掴めやすく、片手バックは自分では感覚が掴みにくい。 ・ダビド・フェレールの体重移動とフォワードスイング ・ダビド・ゴファンの体重移動とフォワードスイング ・エルネスツ・グルビスの体重移動とフォワードスイング ・ジル・シモンの体重移動とフォワードスイング ・ケビン・アンダーソンの体重移動とフォワードスイング. なので、 その時は右手を意識してみてください。 ざんねん。

次の

バックハンドは片手と両手どっちがいい?? (テニス)

テニス 両手 バック ハンド

グリップを少し緩めに持って、試してみて下さい。 それでは、 コンチネンタルグリップについて 今一度、復習していきましょう! なぜかというと普通のショット(トップスピン)とテイクバックの時点ではかなり酷似しているからです。 これは両手打ちの最大のメリットの一つで、 打ちかたにはコツがあります。 だから片手で打っているだけで希少性があり、目を引きやすいです。 両手バックハンドには、「左手で打つ感覚」が必須 あくまで右利きの人を想定して話をしていきますが、右手ではなく、非利き手である「左手」で打つフォアハンドであることを忘れてはいけません。 そうすることで、 運動神経が発達し、 微妙な感覚が身に付くスピードが速くなります! 私も最初は片手打ちの感覚が全く身につかず、 ぜんぜんダメでしたが、 この練習をすることで、 距離感と左手の感覚が身に付き、武器になりました。 左手の押し パワーの源は体の回転ですが、 文字通り体だけ回転させると ボールの方向性が決まりません。

次の

テニスの両手バックハンドグリップの正解はこれだ!8割の秘密とは?

テニス 両手 バック ハンド

というところなんですけど、逆にデメリットはこのくらいしか思い浮かびません。 安定させるまでかなりの時間を使うことになると思います。 時々 「両手バックがうまく打てない。 振り切ること• それは 左手で打つことです。 自分でマスターせざるを得ないなら習得しやすい両手が有利となります。 上の2点は 左手のみのミニラリーで比較的簡単に修正できます。

次の

テニス バックハンド 両手 持ち方とコツ

テニス 両手 バック ハンド

短所としては、 コンチネンタルグリップですと、 どうしても打点が体の真横に来ます。 標準的なグリップと言われる組み合わせは、 右手がコンチネンタル、 左手はセミウエスタン、 という握りです。 片手バックはしっかり振り切ることで回転量やボールの威力を出すので振りきれない時点で未完成で、片手バック志望者はバックハンドスライスあたりから入るのでその延長で取り敢えず当てるだけになりがちです。 そうすると、ラケットの面と地面の 角度が90度になるはずです。 両手打ちはオーソドックスに!• こちらの動画の練習方法を参考にしてください。

次の

バックハンドは片手と両手どっちにすべき?メリットとデメリット【硬式テニス】

テニス 両手 バック ハンド

「振り切れる」自信って難しいんですよね。 [欠点] ・懐が狭い分、片手バックよりも更に1歩ボールに近づく必要があり、フットワークをおろそかにできない。 そしたら、現在はパッシングショットはめちゃくちゃ得意ですし、 リターンは武器の域です! ライジングショット、ハードヒットは昔とは比べ物にならないくらい 安定しました。 左手のフォアを打つような感覚でスイングしましょう。 そうした方は、こちらの動画を参考にしてください。

次の