バックス 対 ペリカンズ。 今季第61戦 対ペリカンズ: キャットのロケッツ通信

NBA再開シーズンの“開幕戦”はジャズ対ペリカンズ グリズリーズの初戦はTブレイザーズ(2020年6月27日)|BIGLOBEニュース

バックス 対 ペリカンズ

ただ、勝率5割を上回るチームは2チームのみのため、プレーオフへ進出する可能性は十分あるのではないだろうか。 第二幕ではホームで戦えないため、ヒートと同様に新たな環境でどれだけ早くアジャストできるかに注目。 0を縮めることはほとんどできないだろう。 0パーセント) 8月2日:対ペイサーズ(1勝2敗) 8月4日:対スパーズ(1勝0敗) 8月6日:対ウィザーズ(1勝1敗) 8月8日:対マジック(0勝2敗) 8月10日:対ブレイザーズ(1勝0敗) 8月12日:対サンズ(0勝1敗) 8月13日:対ラプターズ(1勝2敗) 8月15日:対ロケッツ(0勝1敗) 29勝2敗というリーグベストのホーム戦績を残しながら、アウェーでは10勝24敗と大きく負け越している内弁慶のシクサーズ。 — Kia NBA Tip-Off 2019 2019-20シーズンの最初の5日間(米国時間10月22~26日、日本時間23~27日)に16の異なるチームによる11の試合がTNT、ESPN、NBA TVで『Kia NBA Tip-Off 2019』として全米中継される。 2014-15シーズンの平均19.。 76ersは、ロスターの顔ぶれを見ると優勝候補と言えるのだが、安定感のなさによりファーストラウンドで敗退する可能性もあるチームだ。

次の

NBA再開シーズンの“開幕戦”はジャズ対ペリカンズ グリズリーズの初戦はTブレイザーズ(2020年6月27日)|BIGLOBEニュース

バックス 対 ペリカンズ

ABCとESPNが全米中継する予定だ。 2019-20シーズンは各チーム、2日連戦の日程が平均12. 2009年にはバスケットボール殿堂入りを果たしたほか、ジャズはスローンのキャリア全体の勝利数である『1223』を永久欠番とし、昨年には彼を称えるための銅像の制作の嘆願書も出されました。 」 キャット「ここまでほとんど見せ場がないペリカンズのデイビスだが、さすがにワイドオープンのスリーは決めてきて、ロケッツは6点のビハインドにされてしまうが、ハワードの踏ん張りでフリースローを1本決め、5点差とし、速攻も決めたロケッツが終盤に入ってペースを握りつつあったよ(90-93 その後ハーデンがフリースローを冷静に決めると、ドライブからの加点にも成功して、残り1分半、ロケッツは1点のリードを奪ったんだ(94-93 」 シンキ「やはり終盤はハーデンタイムですかね?」 キャット「そうだな。 2パーセント) 8月1日:対ネッツ(2勝0敗) 8月3日:対キングス(1勝0敗) 8月5日:対ペイサーズ(0勝2敗) 8月6日:対ラプターズ(0勝3敗) 8月8日:対シクサーズ(2勝0敗) 8月10日:対セルティックス(0勝2敗) 8月12日:対ネッツ(2勝0敗) 8月14日:対ペリカンズ(1勝0敗) 7位のネッツとは0. 5ゲーム差のため、8試合の戦績次第でシード順が入れ替わる可能性が十分ある。 コーチ・スローンの容態が悪いんだ。 ロケッツにとっては幸運な勝利と言っていいと思うよ。

次の

今季第61戦 対ペリカンズ: キャットのロケッツ通信

バックス 対 ペリカンズ

その後は東西両地区上位8チームのプレーオフに突入。 ラプターズは218-19シーズンの優勝リングと優勝バナー掲揚を行なう予定だ。 9パーセント) 8月1日:対グリズリーズ(0勝1敗) 8月3日:対セルティックス(0勝1敗) 8月5日:対ロケッツ(2勝1敗) 8月7日:対ナゲッツ(0勝3敗) 8月9日:対クリッパーズ(0勝2敗) 8月10日:対シクサーズ(0勝1敗) 8月12日:対マーベリックス(1勝2敗) 8圧14日:対ネッツ(0勝1敗) 3. このカードは、3月11日(同12日)にシーズンが中断されてから141日後に行なわれるNBAの公式戦となる。 シンキ「こんにちは。 ブルックリン・ネッツ:30勝34敗(勝率46. 2パーセント) 8月1日:対バックス(1勝1敗) 8月3日:対ブレイザーズ(1勝0敗) 8月5日:対ヒート(2勝0敗) 8月6日:対ネッツ(1勝2敗) 8月8日:対ラプターズ(2勝1敗) 8月10日:対マジック(2勝0敗) 8月12日:対グリズリーズ(1勝0敗) 8月14日:対ウィザーズ(1勝1敗) イースト3位のセルティックスは、2位のラプターズと3. 再開後初戦を終えると、ヒートはトロント・ラプターズ、ボストン・セルティックス、ミルウォーキー・バックスと、一方のナゲッツはレイカーズ、クリッパーズ、ラプターズとの試合が組まれている。 ブレイザーズは18年連続でホーム開幕戦勝利というNBA記録を持っている。

次の

ジャズのレジェンド指揮官の容態悪化にカール・マローンは「祈ってほしい」

バックス 対 ペリカンズ

ワシントン・ウィザーズ:24勝40敗(勝率37. 残り12分勝負となったね(76-76 」 シンキ「好勝負になってますが、内容的にはどうなんですかね?」 キャット「まあ可もなく不可もなくって感じだろう(苦笑) 両チームともターンオーバーが多く、もうちょっと締まったゲームをして欲しいと思うね。 だが0. 2パーセント) 8月1日:対ネッツ(2勝0敗) 8月3日:対キングス(1勝0敗) 8月5日:対ペイサーズ(0勝2敗) 8月6日:対ラプターズ(0勝3敗) 8月8日:対シクサーズ(2勝0敗) 8月10日:対セルティックス(0勝2敗) 8月12日:対ネッツ(2勝0敗) 8月14日:対ペリカンズ(1勝0敗) 7位のネッツとは0. その2人が終盤に存在感を発揮したロケッツが逆転に成功し、プレシーズンゲーム3連勝を飾ったんだ。 ゲームに集中してないみたいだよ。 9パーセント) 8月1日:対マジック(0勝2敗) 8月3日:対ウィザーズ(0勝2敗) 8月5日:対バックス(0勝1敗) 8月6日:対セルティックス(2勝1敗) 8月8日:対キングス(1勝0敗) 8月10日:対クリッパーズ(対戦なし) 8月12日:対マジック(0勝2敗) 8月14日:対ブレイザーズ(1勝0敗) 、を欠くネッツは、ガードのタイラー・ジョンソンをロースターに加えた。 5ゲーム差があるため、バックスのトップシードはほぼ確定だが、今季相性の悪いヒートとはカンファレンス・セミファイナルで激突するかもしれないだけに、確実にたたいておきたい。 ボストン・セルティックス対ニューヨーク・ニックス(午後7時30分/同午前8時30分): ドラフト全体3位指名のRJ・バレットがニックスの選手としてホームデビューを飾る。 2019-20シーズンの日程の主な注目点• 残念ながら尻すぼみの彼に、もうロケッツでの居場所はないのかもしれないね。

次の

日本時間7月31日から再開するNBAの今季第二幕のスケジュールが発表/イースト編(バスケットボールキング) 6月27日(現地時間26日、日付は以下同)、…|dメニューニュース(NTTドコモ)

バックス 対 ペリカンズ

ロサンゼルス・レイカーズ対ボストン・セルティックス(午後7時30分/同午前9時30分): 昨季の両チームの対戦では、ラジョン・ロンドがブザービーターを沈めてレイカーズが129-128でセルティックスを下している。 ミルウォーキー・バックス対フィラデルフィア・76ers(午後2時30分/同午前4時30分): 76ersがクリスマスにホームゲームを行なうのは1988年以来のこと。 daznservices. 3回から36%減、昨季の平均13. ユタ・ジャズ対ロサンゼルス・レイカーズ(午後10時30分/同午前11時30分): 2年連続で最優秀守備選手賞を受賞したルディ・ゴベアとジャズは、過去3シーズンで毎年48勝以上を記録した5チームのうちのひとつ。 マイアミ・ヒート対デンバー・ナゲッツ - 8月1日(日本時間8月2日) 各カンファレンスの順位争いに絡んでいる両チームの試合日程はタフだ。 8パーセント) 8月1日:対スパーズ(1勝1敗) 8月3日:対マジック(0勝1敗) 8月5日:対マーベリックス(1勝2敗) 8月7日:対ペリカンズ(0勝1敗) 8月8日:対ネッツ(0勝1敗) 8月10日:対ロケッツ(1勝1敗) 8月12日:対ペリカンズ(0勝1敗) 8月14日:対レイカーズ(0勝2敗) こちらも8チームのうち5チームが勝率5割未満と、8位のグリズリーズを3. 4回となる。 — マーティン・ルーサー・キングJr.デー(2020年1月20日/日本時間21日) 第14週目の月曜日(同火曜日)にはTNTのトリプルヘッダーとNBA TVで注目試合が中継される。 3日目の8月1日には5試合が組まれ、2日目まで試合を行っていなかったヒート、ナゲッツ、サンダー、76ers、そして昨季王者のラプターズが登場。

次の

日本時間7月31日から再開するNBAの今季第二幕のスケジュールが発表/イースト編

バックス 対 ペリカンズ

」 キャット「ロケッツは序盤から相変わらずターンオーバーを繰り返し、速攻を決められるなどしていたが、ペリカンズもデイビスがアリーザの密着マークでボールが回らず、両チームとも均衡したゲームに(8-8 ロケッツはディーモーのローポストからのフック、負けじとハワードも加点して逆転に成功する(14-13 しかしハーデンがスリーを外しまくり、またターンオーバーも出てしまって、ペリカンズにあっさり逆転を許してしまったよ(16-21) 中盤過ぎにハーデンがレイアップとフリースローで加点するが、終盤に入ってもガード陣のスリーがことごとく外れて、第1Qはロケッツ3点ビハインドで終了となった(25-28)」 シンキ「相変わらずのスロースタートですね。 jpeg? NBAは今季もレギュラーシーズンの全1230試合をより見やすくするため、週毎に第1週から第26週までに区分けする。 サンダーには9度のオールスター選出を誇るクリス・ポールがいる。 2パーセント) 8月1日:対ブレイザーズ(1勝0敗) 8月3日:対スパーズ(2勝1敗) 8月4日:対ペリカンズ(0勝2敗) 8月6日:対ジャズ(1勝2敗) 8月8日:対サンダー(1勝1敗) 8月10日:対ラプターズ(対戦なし) 8月12日:対セルティックス(0勝1敗) 8月14日:対バックス(0勝1敗) 第8シードのグリズリーズは、プレーオフ進出を狙うチームと早速3連戦。 ロサンゼルス・クリッパーズ対フェニックス・サンズ(午後10時/同午前11時):リーグ屈指のハイスコアラーが対決。

次の