シンク シビリティ。 【書評】全米で話題の「Think CIVILITY」に書かれているのは、日本人こそ大切にするべき『礼節』の精神!(クリスティーン・ポラス)|りょうかん — Ryōkan Blog —

【読書感想】Think CIVILITY(シンク シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である (1/2)

シンク シビリティ

よろしければ、私をランチに誘ってくださいませんか?」というメールを送信しました。 3、無礼な人はまわりの思考能力を下げる。 社外の活動で成功を目指す。 感想は、「礼儀正しさについての大切さは理解できたが、無礼な人と強制的に付き合わなくてはいけない時の対処法については、ほとんど参考にならない」ということでした。 運動、睡眠、栄養を十分に取ることで態度は改善され、他者との関係もより良いものになる。

次の

Think CIVILITY(シンク シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である

シンク シビリティ

声のトーンや話し方などについては、自分の声をボイスレコーダーに録るなどして聞いてみると良い。 その時の態度も注視すべきだ。 無礼を受けると、その場の不快感だけでなく、精神的な病、ひどい時には死にまで発展することが少なくなく、会社や人との関係においても明らかに負のコストがかかってしまう。 ・48パーセントの人が、仕事にかける労力を意図的に減らす。 まずは形から入る事も重要であろう。 アメリカって、専門的な技術力や才能さえあれば、その人の性格や態度はあまり気にしないものだと思っていました。

次の

毎日読書#290 『Think CIVILITY(シンク シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』(クリスティーン・ポラス)|前田英毅|note

シンク シビリティ

この本を読んであらためて痛感したことがあります。 ・48パーセントの人が、仕事にかける労力を意図的に減らしている。 まぁ、なんとなくニュアンスは違う気もしますけど。 しかめ面をしていないだろうか。 アメリカ心理学会(APA)の調査によると、職場のストレスによってアメリカ経済にかかるコストは1年に5000億ドルにものぼるという。 ただ、ひとつ注意しなくてはいけないことがある。 礼節がある人が守ることは、1)笑顔を絶やさない 2)相手を尊重する 3)人の話に耳を傾ける を心がけ、更にワンランク上の礼節の心得は、1)与える人になる 2)成果を共有する 3)褒め上手な人になる 4)フィードバック上手になる 5)意義を共有する(実践となると、なかなか難しい。

次の

シンク シビリティ(クリスティーン・ポラス著)

シンク シビリティ

人は一度、温かい人だと感じると、その人に対する評価をあげるようになります。 「正しさ」とは、人と人が笑顔になれるような言動という意味の正しさです。 ・皆を不幸にする無礼な上司 ・無礼な職場では、半分がわざと手を抜く。 学校、地域社会、家庭、友人同志、サークル・・ありとあらゆる場面において礼節のあるようが良い結果をもたらすということと考えます。 しかし、先ほどのマイケル・ジョーダンの態度を思い出せば、有能さと温かさという特性を所有することは可能なのです。 元々の考え方がどっちかというとそういう体育会系で、だからで死にかけたりするのである。 湘南で優雅に暮らす ゆうがです。

次の

【書評】全米で話題の「Think CIVILITY」に書かれているのは、日本人こそ大切にするべき『礼節』の精神!(クリスティーン・ポラス)|りょうかん — Ryōkan Blog —

シンク シビリティ

もっとパーセンテージは高いと思ったくらいだが、やはり内容よりも外見から受け取るイメージからの影響は少なくないようだ。 人は誰かのために、と思って頑張れる生き物だと思っている。 あまりやましい事をしていると、天知る地知る我知る人知るで自分自身に自信が持てなくなって、おどおどと人の表情を覗うような卑屈な態度ができてしまう。 そしてストレスの大きな原因のひとつとなっているのが人間関係の問題である。 子供の頃とはまず、ものの見方が変わる。 礼節あるメールの作法を身に付ける• 目立つ上に、この3要素を持っていれば最強だろう。

次の

シンク シビリティ(クリスティーン・ポラス著)

シンク シビリティ

無礼な態度を取り続けることの悪影響(自分の持ち味を失う、金銭的損失)を自覚することで、ボタンが見つかるかもしれない。 そして、これからの改善に協力してくれるように全員に頼む。 なんとなくそんな気はするというか、そうであってほしいのだけれど、実際にはパワハラまがいの強制力を持った有能な人が実績をあげ、力を持っていることも多いし、みんなに親切にすればするほど、余計な仕事を押し付けられ、負担が増えていくのではないか…… そんなことを考えながら、僕はこの本を読みはじめました。 けれども、この本を読むとそれらの「常識」は見事にくつがえされます。 礼節がもたらす3つのメリット 「優秀な人」とみなされる あなたが仕事で助けを求める際、どちらの同僚に声をかけますか?• 調査では95%の人が、現在の米国の礼節に問題があると回答している。 結論を言えば、これらはNOです。

次の

【シンク・シビリティ:「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である】 クリスティーン・ポラス(著)

シンク シビリティ

ところが、大人になるにつれ、せっかく教わったことを忘れてしまう人が多い。 そういうことで世の中を渡っていくのは難しい。 誰かが無礼だと周囲の人々の機嫌も悪くなり、他部署の人々や社外の人にも無礼な態度をとってしまう。 基本がしっかりと出来ていなければ、どれだけ才能があろうとも一流にはなれない。 身だしなみについては、やはり身近な人に指摘してもらうことが必要だと思う。 ゆえに、礼儀に関してはズレが生じるものだと思っている。 改善度合いを評価する機会を作る。

次の

「礼儀正しさこそ最強の生存戦略である。(シンク・シビリティ)」

シンク シビリティ

無礼な、あるいは横暴な人間の存在は、組織全体にここまで大きな影響を与えるのです。 ・63パーセントの人が、無礼な態度を取る人を避けるために仕事に使うべき時間を奪われている。 落ち着きがなくなったりはしていないか。 本書の「無礼な人への対処法」の章を読んでいたときに、私自身、昔1番困っていたのは、無礼な上司との関係についてだったことを思い出しました。 礼節に振舞うことで、個人としては、1)仕事が得やすい。

次の