トク する サポート。 【結論アリ】トクするサポートは実際どうか?入るべきケースを解説する

ソフトバンクの端末購入プログラムは「トクするサポート+」に プログラム料が無料に

トク する サポート

一応ソフトバンクユーザー以外も利用できますが、100日間SIMロック解除不可の件や次の買い替えもソフトバンクで行わないといけない点などからおすすめできません。 分離プランの義務化により、機種購入時の割引が無くなることによる負担をカバーするための妙案(奇策?)ですね。 ただし、緊急性がある場合またはやむを得ない場合は、事後的に通知します。 ソフトバンクの通信プラン契約とは一切関係がないため、ソフトバンク機種を購入したい!という方なら 誰でも利用することが可能です。 参考: 4年縛りの解約方法 相談者は「4年縛りから抜け出したい」というのが望みですが、実際4年縛りから抜け出すのは簡単ではありません。 機種が回収できない場合• 「あんしん保証パック with AppleCare Services」「あんしん保証パックプラス」「あんしん保証パック」のいずれかに加入していればこの料金は2,000円で済むので、扱いに不安がある場合は加入しておくのが良いでしょう。 これについてはSIMロックの即時解除を求めるなど、すぐに総務省が動き出しています。

次の

ソフトバンクiPhone値引きの罠!結果高くつくかも!?「トクするサポート」

トク する サポート

トクするサポートで機種変更すると、購入から100日間はSIMロック解除ができません。 実は、、 2019年10月より、スマホ本体のみを購入することも可能になりました!! しかも、 SIMロックも購入したその日に外してくれる 3000円+税を現金でその場で支払う必要あり ので、その場で格安simを挿して使うことも可能! このように、トクするサポートは普通に買って売る時よりもメリットが大きく、スマホ本体価格が高騰している今、おすすめでもあります。 そういった状況で機種変更を行う際に、 48回払いで月々の支払を抑えつつ、2年後の機種変更で残債を免除してくれる「トクするサポート」は 定期的に機種変更を行う方には魅力的なサービスとなります。 SIMロックとは、 自分の会社の通信(通話)しか利用できないよう制限をかけることです。 お客さまの1年買い替えオプション行使開始日は、2020年7月頃から、My SoftBankなどの契約者管理サイト上でご確認いただくことができます。 次にソフトバンクで機種購入しないと、割引適用も、返金も受けられない為• 例えば、機種代金が50000円とすると、最低で25000円で使えるということになります。 (減額ではなく、返却自体できなくなる条件があります。

次の

Softbankの「トクするサポート」は本当にお得なのか

トク する サポート

しかし、今回の「トクするサポート」(サービス名変更前の「半額サポート+」も同様)では、月額サービス利用料が取られてしまうため、 機種変更を行わない場合は、ユーザー側が損をするだけの仕組みになっている点が非常に「ダメ」になってしまっています。 ソフトバンク「トクするサポート」は加入するべきか 「トクするサポート」は、ソフトバンクのスマホ端末を48回払いで購入した場合に25か月目以降の残債の支払いが免除されるという割引サービス。 ソフトバンク回線の契約有無にかかわらず加入できますが、48回払いになる事で 100日間はSIMロック解除ができなくなる ため、実質的にはソフトバンク回線を持っている人でないと快適にデータ通信ができない仕組みになっています。 機種の電源が入らない• このケースだと、仮に20,000円を払ったとしても対象外となります。 トクするサポートの注意点・デメリット 色々と便利そうに見えるトクするサポートですが、利用にあたって注意点やデメリットもあります。 終了条件 以下のいずれかに該当する場合、本プログラムは自動的に終了となります。 SIMロックとは、端末を特定の通信キャリアでしか使えないようにする設定のようなものです。

次の

ソフトバンクの「トクするサポート+(プラス)」徹底解説!「トクするサポート」との違いは?

トク する サポート

お客さまの1年買い替えオプション行使開始日は、2020年7月頃からMy SoftBankなどの契約管理サイト上でご確認頂くことができます。 新規契約• 旧機種が査定条件を満たさなかった場合、回収に加えて最大22,000円(不課税)のお支払いが必要です。 (特典Aのような残債免除にはならない)• 加入時に購入した機種を機種変更の翌月末までにソフトバンクに返還し、査定を完了させること• 「トクするサポート」に加入するか迷った人は、今後ソフトバンクで携帯電話を購入し続けるかどうかで判断しましょう。 旧機種の割賦債務を完済した場合または一括弁済のお申し込みをした場合(その後、お申し込みが取り消された場合を含む)• 特にソフトバンクユーザーは、ほとんどデメリットがないので入った方が確実にお得といえます。 内容は元の4年縛りとほぼ同じですが、違う点が1つあります。

次の

【結論アリ】トクするサポートは実際どうか?入るべきケースを解説する

トク する サポート

また、サービス名の「 半額サポート+」という名称も消費者庁から突っ込みを受けていて、48回払いの半分に当たる24回分が最大で免除になるため、 最大で機種代の「半額」をサポートする趣旨となりますが、 サービスプログラム代金が最低でも24か月分かかっているわけで、実際に利用者が得られるメリットは 「半額ではないのに半額得するようなサービス名は不適切」とこれにもケチをつけられた形になりました。 「端末割引2万まで」にしたら高いから売れない• 「トクするサポート」は、ずっとソフトバンクを利用し続ける人にはお得な割引サービスですが、のりかえ(MNP)したりソフトバンク以外で携帯電話を購入する人にとってはおすすめできない割引サービスという事になります。 非ソフトバンクユーザーでトクするサポートの利用を考えている方は、次の「トクするサポートを利用する際の注意点・デメリット」もご覧ください。 最大で「端末価格の半額」の支払いがチャラ? 機種を購入し、 2年経過後(25か月目~)に機種変更すれば、その時点で残っている支払い分が免除されるという仕組みです。 SIMロックの即日解除ができるため、ドコモに契約中だけどソフトバンクで販売されている機種が欲しい!という方には最適のサービスと言えるでしょう。 料金プランの契約を条件とした値引きは上限2万円までとすること。

次の

ソフトバンクiPhone値引きの罠!結果高くつくかも!?「トクするサポート」

トク する サポート

ただし裏を返せば、今後もソフトバンクを使っていくユーザーにとっては大したデメリットにはなりません。 旧端末には回収条件がある 次の「旧端末を返却し、査定を完了させる」について見ていきます。 破損扱い・対象外となるケース• 一部の他のキャンペーン、プログラム、割引との併用ができない場合があります。 PayPayボーナスは出金・譲渡はできません。 ソフトバンクでプランも同時に契約する場合は トクするサポートを利用しない48回払いも選択できるため、申し込みを行わなかった場合は 単なる48回払いとなります。 (実質意味ないですね。 つまり、「機種変更のスパンを短くする代わりに、最新機種を半額で利用できるよ」ということ。

次の

トクするサポート+

トク する サポート

毎月の機種代金の負担を減らしたい方で、旧機種が回収されてもいいのであれば、トクするサポートを利用するのありだと思います。 現在契約している料金プランに1000円を加えると利用できるが、2年間は無料とする。 特に格安SIMの、新型のiPhoneの取り扱いがない、限られたSIMフリー端末しか購入できない、端末代金の割引率が低い、といった点をソフトバンクのトクするサポートを使えば解消できるようになっています。 ソフトバンクで指定端末を48回払いで購入する• ラインアップは「AQUOS R5G」「Axon 10 Pro 5G」「LG V60 ThinQ 5G」「OPPO Reno3 5G」の4機種。 25ヵ月目以降の買い替え時に旧機種回収で 最大24回分の旧機種の分割支払金のお支払いが不要になるプログラムです。 ただし、あんしん保証パックなどの保証オプションに加入している場合は最大2,000円の減額で済む• 引用元: 13ヶ月目~24ヶ月目に買い替えた場合、免除してもらえる金額と負担する額は25ヶ月目に買い替えた場合と同じです。

次の

誰でも購入可!ソフトバンク『トクするサポート』でSIMロックを即日解除せよ!

トク する サポート

「半額サポート+」発表後の総務省の動き しかし、ソフトバンクの新しいサービス「半額サポート+」は総務省から早速突っ込みを受けてしまうことになります。 スマートフォンの性能向上にともなって買い替え周期は2年を超える方が増えてきていますが、2年経つと新しいサービスや目新しい機能が増えているスマートフォンも多く、 負担を少なくしたうえで新しい機種に変更できるというのは魅力に感じます。 1年で機種変更が可能になる「1年買い替えオプション」 さらに、「トクするサポート」には「1年買い替えオプション」というサービスがあります。 25ヶ月目以降にソフトバンクで指定端末に買い替える• 96,000円のスマホを2年で機種変更した場合を例に、料金をシミュレーションしてみましょう。 「1年買い替えオプション」は、「トクするサポート」に加入した人が13か月目以降に新たに携帯電話を購入できるようにしたオプションで、「トクするサポート」に加入している人であれば誰でも利用する事ができます。 旧「半額サポート」から「トクするサポート」への変遷は以下の通り。 初めに結論を言ってしまうと、 トクするサポート はソフトバンクを継続する人なら加入しておいた方がお得です。

次の