セフィロス コピー。 【セフィロス】悪に堕ちた英雄 最強の男の生涯!片翼の天使になるまで

セフィロス

セフィロス コピー

『KHFM』においては自身の周囲にいくつものを漂わせ、それらを一斉に爆発させる攻撃となっている。 そしてその間にエアリスはセフィロスを止める為にへ行き• 瞳は青色をしており、これは魔晄という特殊なエネルギーを帯びた者に表れる特徴のひとつであるとされ、それ以前は青色がかかった緑色の瞳をしていた。 ジェノバの能力 ジェノバ細胞は他人の記憶にあわせて自分の姿、声、言動を変化させる能力があります。 『FF7R』の新たな時間軸に侵入することで、セフィロスはクラウドを妨害し、自分の計画が思うどおりに展開するよう行動することができる。 そこを幼馴染だったティファに見つけられ、再会します。

次の

ストーリー/【黒マテリアを渡すクラウド】

セフィロス コピー

普通なら「ソルジャーなんかになる男キライ!」ってなるような…。 バカだったのは俺なんだ 本当はみんなと一緒に遊びたいのにどうしても仲間に入れてといえなかった そのうちさ・・・俺はみんなと違うんだ あんな子供っぽいやつらとは違うんだって思うようになった どうしようもなくひねくれていて弱かった」と回想しています。 また、銀色の肩当を当てている。 それを阻止できるのは古代種の末裔だけで、そのために「古代種の都」にエアリスは向かいます。 小説版『on the way to a smile』ティファ編にて、ティファに食材の買出しを依頼された際、食材の名前がわからないと困惑する描写がある。 セフィロス・コピーであるクラウドは黒マテリアをセフィロスに渡してしまいます。

次の

設定/【セフィロス・コピー】

セフィロス コピー

『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』 [ ] ここでのクラウドは、ソラの記憶から作り出された幻の世界の人物として登場。 彼の正体が、当時16歳のクラウドなのです。 ) 前述通り、幼少期から内向的だったため、友達付き合いもあまりなかった。 古代からこの星で重要な役割を果たしてきた自分の一族(古代種)が、現代では宝条博士を含む神羅などによって実験動物のような扱いをされていることを知ったセフィロスは絶望を越えて憎悪に変化した感情は後にニブルヘイムを焼き尽くします。 ザックスと共に重傷を負うが、セフィロスの方も油断もあって重傷を負い、ライフストリームに落ちていった。 田舎(ニブルヘイム)の出身であることから自然の厳しさにもある程度耐性があるようであり、『CC FFVII』では寒風吹きすさぶ山道の中でも平気で進んでいく描写がある。 この時、エアリスをたった一人でメテオ阻止に向かわせてしまい、セフィロスの凶行からエアリスを守れなかった事が、大きな心の傷となって残る。

次の

ジェネシス(CCFF7)

セフィロス コピー

持ち前の冷静な判断力でパーティを引っ張っていたが、自身の戦う理由を見出せず迷いを抱えていた。 記事概要• 『FF7R』では、セフィロスはこの計画が最終的に失敗することを知っているようで、物語がさらに複雑になっている。 気を込めた剣で敵に15回の連続攻撃を行う。 ホロウバスティオンに大量のハートレスが襲来した際にはソラ達と共に戦い、レオンとの共闘も果たしている。 結果、宝条は自分の居場所であった科学すら放棄してセフィロスへの援護と同時にへと豹変する。

次の

【FF7】クラウドとザックス

セフィロス コピー

自身の利益にしか関心がない態度で接するので、雇い主のバレットからの受けが(元神羅関係者という理由もあり)悪いなど、人間関係の構築を積極的に行う性格ではない。 クラウドとザックス そしてニブルヘイム事件の後、クラウドとザックスもジェノバ細胞を注入されてしまいます。 廃工場でザックスと共にジェネシスとホランダーに遭遇し、ホランダーを一度は抑えるが振り払われてしまう。 実験に成功すると、ナンバリングされた入れ墨がほどこされますが、 ザックス:ソルジャーなのでジェノバ細胞に耐えられ、そして既に埋め込まれている ので無害。 クラウドは新しく築かれた都市「エッジ」にて、バー「セブンスヘブン」の経営を始めたティファとマリン、バレットと共に、自身も新たな生活をスタートする。

次の

セフィロスコピー

セフィロス コピー

また、『FFVII』の時より遥かに「正宗」の刀身が長い。 『KHFM』ではセフィロスに勝利すると「片翼の天使」というキーブレードを入手できる。 (PS版『エアガイツ』)• 但し、ジェノバ細胞の影響とセフィロスコピー計画の代償としてソルジャーと同等の力を手に入れ、記憶は親友のザックスと混ざり、正確はクラウドのままという異様な状態に陥りました。 ミッドガルで幼馴染のティファと再会したクラウドは神羅カンパニーが運営する壱番魔晄炉爆破作戦に参加する。 また、オープニングムービーでは『FFVIII』のスコールとの戦いが描かれている。 全部で12体。

次の

設定/【セフィロス・コピー】

セフィロス コピー

違い:対象はジェノバ細胞に耐えられる者) ジェノバ細胞によって身体能力を向上したセフィロスの模倣です。 彼の正体はニブルヘイムで育った普通の人間で、もともと内気で責任感の強い普通の少年でした。 このセフィロス化実験は、宇宙生物ジェノバの細胞を体内に組み込んで魔晄を照射することで、セフィロスのような強力なソルジャーをより簡易に量産しようとする非人道的なものであり、精神が弱い者はジェノバ細胞の浸食に耐え切れずに精神崩壊が起こる。 この場面は本編と派生作品で差があり、『FFVII』本編ではジェノバとの対面後にザックスを返り討ちにするが、その後駆けつけたクラウドによりザックスのバスターソードで背後から斬られて重症を負い、その後立ち上がって出口に向かい通路で追ってきたクラウドを正宗で刺すが、逆に刺した自分が投げ飛ばされて切り落としたジェノバの首と共にライフストリームに落とされているが、『BC FFVII』ではセフィロスが自らライフストリームに飛び込み、『CC FFVII』では落下する場所がジェノバが安置されていた部屋となっている。 そのため、敵であったセフィロスが仲間、仲間だったティファが敵という状況に葛藤することになる。 それから1週間が経ち、クラウドはようやく彼を見つけることができた。

次の

【FF7】セフィロスコピーの正体を黒マントの男に絡めて説明する

セフィロス コピー

また、クラウドが使ったものと同カラーのものが「クラウドブラック」として発売されている。 。 ザックスが使用していない(ただザックスのリミット技「アポカリプス」も炎・氷・雷属性を同時に浴びせているらしいが)ことからオリジナル技であると思われる。 二ブルヘイムにいるコピーは成功作であるので、すべてナンバリング済み。 彼の意志はライフストリームに溶けて新たな命や自然の源になる事を拒み、かつてジェノバが降ってきたクレーターである「北の大空洞」で、そこに集まるライフストリームを利用して新たな肉体を再構築し始める。

次の