ニックス 対 ブルズ。 NBA昔のニックスとペイサーズ、ブルズ、ヒートのような熱いライバル関係はど...

1991

ニックス 対 ブルズ

カンファレンス決勝で待っていたのはこのシーズン57勝を記録した。 NBAは僅か1年の間に、2人のスーパースターを同時に失うことになったのである。 の引退。 ドミニク・ウィルキンスを獲得したは、35勝と勝率5割を下回りながらもプレーオフに復帰。 7得点、5. ニックスは何もしてません。 こりゃもう、どんだけ差がついて終わるのか。 プレーオフに入ってもファーストラウンドでインディアナ・ペイサーズを3勝1敗、カンファレンス準決勝ではシャーロット・ホーネッツを4勝1敗で下し、ブルズとのリマッチを迎えた。

次の

「パトリックがチームを傷つけた…」ニックスの用心棒オークリーが、ブルズとの93年カンファレンス決勝の敗因を分析(THE DIGEST)

ニックス 対 ブルズ

on the state of the team 👇 — NEW YORK KNICKS nyknicks 「俺はローズから何も聞いていない、皆も同じだ。 今季ブルズから移籍し、ニックスのスターターPGを務めているデリックローズが試合前に失踪、午前のシューティング練習には参加していましたが、試合開始時間になってもその姿をアリーナに現すことはありませんでした。 All-NBA Third Team:• GB 57 25. All-NBA Third Team:•。 ロケッツの第6シードは、歴代チャンピオンチームの中でも最も低いシードだった。 80年代後半からNBAを観戦してます。

次の

ホークス対ブルズ戦で生まれた「クレイジーな記録」7つ

ニックス 対 ブルズ

G - ,• 671 - 47 35. は6シーズンぶりにプレーオフに進出。 キャリア中盤は、終盤はとキャリアの大半をドアマットチームで過ごした。 305 26 21 61. G - ,• , フェニックス・サンズ• に対する関心が未だ低かった当時、NBAを代表するほどの選手のキャリアをいとも簡単に奪ってしまう怖ろしい病、誰もが知る著名人をも襲ったもはや遠い存在ではない病として、エイズは一気にその認知度を高めることになる。 G - ,• 23歳のグラントは昨季、平均5. 試合はブレイザーズに殆ど見せ場を作らせることなく、122-89でブルズが圧勝。 この勝利でロケッツはプレーオフに入ってロード7連勝を飾り、プレーオフ新記録を作った。 7 アシスト 13. 第2戦 [ ] 第1戦の接戦を制したロケッツは波に乗って第2戦も117-106で勝利し、ロード2連戦を連勝で終えた。

次の

NBA1992

ニックス 対 ブルズ

だがホームに戻ったブルズは、第3戦でピッペンが29得点、第4戦ではジョーダンが54得点と大爆発し、2勝2敗のタイに戻した。 ジョーダンの1度目の引退後、成績が下降気味だったブルズはこのシーズンも勝率5割を僅かに上回るだけの苦しいシーズンを送っていたが、ジョーダン復帰後は13勝4敗と調子を上げ、47勝35敗でレギュラーシーズンを終えた。 その見返りとしてロビン・ロペス()、ジェリアン・グラント()、ホセ・マヌエル・カルデロン()をブルズに放出した。 エイズと戦いながらも選手としての健在振りを示したマジックは、オフに一つの大きな仕事を遂行し、引退してもなおNBAの国際的な人気の獲得に、大きな貢献を果たすことになる。 またプレーオフでのロード9勝も、やはりプレーオフ新記録となった。 に加盟した、、が3チーム揃って出場した最初のプレーオフとなった。

次の

1991

ニックス 対 ブルズ

この試合は3Pシュートが乱発された試合であり、両チームあわせて62本の3Pシュートが打たれ、うち25本が成功。 68点差はNBA新記録である。 3 スティール 2. シーズン [ ] オールスター [ ]• "ショータイム"バスケットの時代は終わり、レイカーズが次に優勝戦線に躍り出るには、の加入、の登場を待たなければならない。 なお、ブルズの3連覇を支えたは、この時マジックに所属し古巣との対決を迎えている。 F - ,• プレーオフでは芳しい成果が挙げられず、さらにプレーオフ出場すら逃したロケッツのフロントは、この時期のトレードを画策し、オラジュワンとチームとの間で軋轢が生じた。

次の

MASAKARI TECHNO NBA NEWS: ローズが劇的決勝シュート! ブルズがニックス下し初白星

ニックス 対 ブルズ

All-NBA Second Team:• 新シーズンをプレイせずに引退したマジックだが、あまりに突然のことだったので、投票のマークシート用紙にはまだマジックの名前が残っていた。 2年連続シーズンMVP、得点王、ファイナルMVPの三冠を達成したのは、ジョーダンただ一人である。 またマジック自身も、マジックやNBAを知らない人たちの間でも、エイズの名を世界中に知らしめた人物として、より多くの人々に知られるようになった。 移籍後はと化したが、にはで3度目の優勝を経験した。 183 40 パシフィック・デビジョン Team W L PCT. の引退。 初優勝の余勢を駆って新シーズンに突入したロケッツは開幕8連勝を飾ったが、シーズン中盤には安定性を欠くようになり、ドレクスラーの入団は連覇を目論むロケッツの起爆剤となるはずだった。

次の