トッテナム 対 rb ライプツィヒ。 トッテナム・ホットスパー

トッテナム戦で輝いたライプツィヒのDNA。ナーゲルスマンが導入した自己陶酔に陥らないポゼッションの形【欧州CL】

トッテナム 対 rb ライプツィヒ

この選手、移籍が成立した直後のマンシティ戦で先発出場、決勝弾を決めております。 より正確には、その3人を並べるしかなかった、と言えるだろう。 ・まさにポジショナルプレーと言える、相手を操る攻撃。 脚注 [ ]. そして試合終了の笛が鳴るまで、ヴェルナーたちは強度の高い「守備に固執」し続けた。 ウィンクスがンクンクをマークしなければクロスターマンはンクンクに縦パスを出していた可能性が高いので、ウィンクスは「危険な場所」を消したわけです。

次の

トッテナム・ホットスパー

トッテナム 対 rb ライプツィヒ

呼び起されたDNA [4-4-2]でブロックを敷いて自陣に構えるスパーズに対して、センターFWのパトリック・シックのポストプレーを軸に、ヴェルナーを左か中央でフィニッシャーとして活かすべく連動性で崩しにかかることもあったが、やはりワンタッチ、ツータッチでの素早いパス回しが基本になっていた。 ヴェルナーが言及したように、トッテナムがマイボールにしても即座に切り替えて、飢えたハイエナの群れのように「守備に固執」して襲いかかってくる。 ポゼッションにこだわらない采配 トッテナムが最後までリズムを掴むことができなかったのは、こうしたレッドブルのDNAにとことん苦しめられたからだろう。 トッテナムの台所事情はあまりに苦しい。 0 地味ながら仕事量が多く主将としてチームを助けるシーンが目立った 3 アンヘリーニョ 6. しかし、初のCL決勝トーナメントの舞台で見せた戦いには、レッドブルのDNAが色濃くにじみ出ていた。 16分の場面のようにトッテナムが前がかりになり、自陣でボールを奪った時に敵陣にスペースがある時は、カウンター主体の旧スタイルを彷彿とさせる少ないタッチ数で縦に速く攻め込んだ。

次の

スパーズがライプツィヒに黒星、モウ監督「非常に難しい状況」 欧州CL 写真11枚 国際ニュース:AFPBB News

トッテナム 対 rb ライプツィヒ

第2章 「位置的優位」を最大化 ライプツィヒの攻撃にはいくつかポイントがありますが、最初のポイントは「位置的優位」です。 週間ランキングベスト5• ・崩しの鍵を握るのは、「絞らせて大外」。 守備もそつなくこなす 26 アンパドゥ 6. 呼び起されたDNA [4-4-2]でブロックを敷いて自陣に構えるスパーズに対して、センターFWのパトリック・シックのポストプレーを軸に、ヴェルナーを左か中央でフィニッシャーとして活かすべく連動性で崩しにかかることもあったが、やはりワンタッチ、ツータッチでの素早いパス回しが基本になっていた。 極端に『縦に速い』スタイル 閑話休題、 ライプツィヒのやっているサッカーについて話ましょう。 2012-13年 2012年に、がスポーツディレクターに就任すると2012-13シーズンはレギオナルリーガで優勝 2013-14年 2013-14シーズンもで2位に入り2年連続で昇格を果たした。 2014-• 第2戦も楽しみです。 しかし、ブロック内に侵入するのは難しい。

次の

トッテナム惨敗の要因とライプツィヒの圧勝劇が実現した理由。CLの歴史が動いた快進撃【欧州CL】

トッテナム 対 rb ライプツィヒ

コンラート・ライマーが獲得した58分のPKで殊勲の決勝弾を決めたティモ・ヴェルナーは、試合後に「何より重要だったのはPKの後で、僕たちが最後の局面で守備に固執したことだった」とコメントを残している。 ナーゲールスマンは次戦についても今回と同様の戦い方をするとコメントしていることから、基本的な戦術変化はないと思う。 2013-• まとめると、7割方 ライプツィヒが勝ち上がると思うが、3割程度 トッテナム逆転という 波乱含みといったところかと思います。 先日行われたvsの感想です。 パス成功率が昨シーズン83. ロリスの好セーブもあって何とか凌いだものの、序盤の2,3分でライプツィヒが量産したチャンスのどれか一つでも決まっていれば、もっと派手なスコアになっていたかもしれません。 5バックで自陣に引いて、専守防衛に徹した。 2017年4月15日、第29節のに勝利し、昇格1年目での出場権を獲得した。

次の

レーティング:トッテナム 0

トッテナム 対 rb ライプツィヒ

前回ファイナリストのトッテナム・ホットスパーが、ブンデスリーガ2位のライプツィヒをホームに迎えてのファーストレグ。 しかも今のトッテナムでは怪我人だらけで攻撃に厚みを加えることも厳しい。 現在の不調の原因は 「攻撃の駒不足」ですね。 第4章 試合を通して ここまでライプツィヒのこの試合で見せた攻撃戦術を分析しましたが、ライプツィヒはトッテナムを言葉通り圧倒していました。 2016- 出来事 [ ]• 7- 歴代所属選手 [ ] 詳細は「」を参照 GK [ ]• では、このシーンを用いて崩しについても。

次の

トッテナム戦で輝いたライプツィヒのDNA。ナーゲルスマンが導入した自己陶酔に陥らないポゼッションの形【欧州CL】(フットボールチャンネル)

トッテナム 対 rb ライプツィヒ

5のオッズが渋かったので、どちらかのチームに寄ることを期待し、こちらで勝負します。 77分にシックに代えてユスフ・ポウルセンを、83分にはライマーに代えてエミル・ホシュベリを投入。 0 デレ・アリと共に相手ボランチへのパスコースをケア。 しかし、日常とは異なるイングランドの地で、ホーム&アウェイ方式とは言え、一発勝負に近いCLの決勝トーナメントという超高密度の空間は、改めてライプツィヒの選手たちの中に染み付いたレッドブルのDNAを呼び起こしたようだ。 【写真:Getty Images】 歴史が動く時には、得てして運も味方するものだ。

次の