デュエマ 環境。 デュエル・マスターズ

【デュエマクラシック】環境入りするデッキタイプを考察してみた!

デュエマ 環境

特にマッハファイター女こと、《その先の未来へ、カミヤ・ミキ・ユア・ナルハ》が《奇天烈 シャッフ》を処理出来るのが強力。 が主催のフルコンプより行われる。 「破壊以外の処理手段(山札の下に送るetc.. 更新とデッキの追加方針について 後々時間が出来次第、解説をグレードアップさせたり、デッキを少しずつ追加予定です。 《奇天烈 シャッフ》をそれほど苦としたい構築の『 青黒カリヤドネ』や『 青白ナウ・オア・ネバー』が作成されていった。 弱点としては盤面除去に弱く、一度崩されると立て直しが困難な点が挙げられます。 )」に弱くジョーカーズの「ジョットガンジョラゴンJoe」が厳しいためジョーカーズに不利が付くのが 欠点。 所謂 「5C万軍投」というデッキタイプだ。

次の

Tier1~3環境まとめ。【デュエルマスターズ】

デュエマ 環境

あらゆる小技もお任せあれ。 第1弾、Wチームドッキングパックを見るに、ビートダウン、コントロールなどの「デュエマ本来の形」を取り戻そうと努力が伺える。 《リツイーギョ #桜 #満開》は、元のパワーが3000で自分のターンならば《九番目の旧王》の全体パワーマイナスで除去されてしまうが、それを助けるのがこのデッキのメインの攻め札 《超次元パワード・ホール》だ。 03 緑白ビート デュエマクラシック考察の中でのダークホース枠です。 ご存知環境トップデッキ 「ドッカンデイヤー」は並のメタなら簡単に踏み越えて自分の動きを通してしまう。 そこそこ値段のするカードもいくつか入っているのでお買い得ではないだろうか。

次の

【デュエマ】GR蔓延る現環境の「5C」!5Cデッキ考察!【デッキ紹介】 / デュエマ仙台店の店舗ブログ

デュエマ 環境

高いけど5Cだし、多少はね。 「大地の猛攻」の効果でビーストフォークが強化されるので、 殴り返しにも非常に強いことが分かります。 デッキ全体が《零龍》を卍誕させるために作られているため最速2ターンという速さで成立し、うまく回ったこのデッキに速度で勝てるデッキは事実上存在しません。 《虹速 ザ・ヴェルデ》+ 《SSS級天災 デッドダムド》による圧倒的な除去性能と、 《無修羅デジルムカデ》によるロック性能により、非常に盤面コントロール能力が高いデッキとなっています。 もし最新のリストをご提供頂ける方が居ましたら是非ご連絡下さい。 ・フェアプロの連勝チャレンジ企画で大活躍した『 白緑ファイブスター』も環境に進出。

次の

Tier1~3環境まとめ。【デュエルマスターズ】

デュエマ 環境

1ターン目:ブレイズ・クロー 2ターン目:トップギアorマイパッド 3ターン目:カーリ・ガネージャーが理想の流れです。 《音奏 プーンギ》を始めとする光文明の各種メタクリーチャーによる序盤の妨害と、自然文明のGRクリーチャーに 《S級原始 サンマックス》 を侵略することにより一気にシールドを割り、フィニッシュを目指す。 各種情報や対策についてまとめたので、参考に。 恐ろしいくらい手札消費が激しいので、強さを引き出すには、然るべきタイミングで手札を吐き出す判断力が大事なデッキだ。 各デッキに生じる猶予期間を活用してゲームを組み立てていく 5Cコントロールにとってはまさに目の敵。 早撃ち人形マグナム(3 0~90円) コストを踏み倒したプレイヤーにペナルティを与えるカード 大型の踏み倒しやGRクリーチャーの台頭で活躍することが出来、 なおかつ スピードアタッカーを持っています。 遂に《暴走龍 5000GT》が最速2ターンで、そうでなくとも3ターンには充分な墓地が溜まる。

次の

【デュエマ 2019年9月 環境】最強デッキ紹介【殿堂編】

デュエマ 環境

「メタビート」というデッキタイプはいつの時代も存在してきた。 Tier3 いわゆる「中堅デッキ」。 ・長らく環境上のアグロを牽引している『』も健在である。 高い安定感と早いフィニッシュが出来る点が魅力であり、ビートダウンプランにシフトすることも出来るため対戦相手に合わせて柔軟なゲーム展開ができます。 メタリカを主軸にし、そこにサザンルネッサンスを足すことにより完成した NEWタイプのサザン。 最後に。 しかも コストが2なのが最大の長所! 相手のデッキにブロッカーがいないタイプならば 即座にマナに置けるのでそういった面でも 腐りにくい。

次の

デュエル・マスターズ

デュエマ 環境

4ターン目に《生命と大地と轟破の決断》か《幸運の精霊ファイブスター》と《音奏 ハイオリーダ》によるチェインが可能。 熱湯グレンニャー(1 0~30円) 召喚時にカードを1枚引くという効果がシンプルに強い。 「5Cコントロール」は定形のデッキではない。 さて今回もオリジナルデッキ販売コーナーにこのデッキを置いておくとする。 アグロ耐性、リソースの確保、フィニッシュの安定性と序盤・中盤・終盤隙がなく強い。 Tier1~3のそれぞれの詳細な説明は、以下の通りです。 零龍卍誕』に収録した各種マナドライブ持ちGRクリーチャーの登場により誕生したデッキタイプです。

次の

【デュエプレ】【雑談】紙のデュエマって今どうなってるんだ??⇒〇〇な環境みたいだぞwww

デュエマ 環境

。 そのまんま アクア・サーファーを クリスタル・ランサーに進化させて フィニッシュするという悪夢のような攻め方をします。 驚くべき柔軟性というか、驚くべきGRの強さというか。 いわゆる受け札もやメタカードもほぼないため、環境次第で立ち位置が激変するデッキでもあります。 『 シータバーンメア』と並び、《ジェイ-SHOCKER》を採用しやすいデッキでもある。 CS環境 入賞数ランキング がまとめて下さっているCSヒストリーを参考に作成した、開催されたCSのデッキタイプ別の入賞数ランキングです。 基本編(2002) 闘魂編(2003) 聖拳編(2004) 転生編(2005) 不死鳥編(2006) 極神編(2007) 戦極編(2008) 神化編(2009) PS(2010) New!! 4位~6位 環境上位 環境最上位のデッキに匹敵する程のデッキパワーを誇るが、環境上位までのデッキとの相性差により相対的な入賞率はやや落ちる。

次の

【デュエマ 環境】環境デッキランキング (デッキレシピ付き) 6月15日更新!|デネブログ デュエマの速報・環境

デュエマ 環境

《リツイーギョ #桜 #満開》や《正義の煌き オーリリア》は強力なメタ能力を持ちながら、高水準のパワーを持ち、メタクリーチャーの除去に使われる《絶望と反魂と滅殺の決断》や《九番目の旧王》で除去されづらい。 そのためジョーカーズの母数が増えた場合は不動でケアすることも検討。 妨害手段が無いとは言わないが、 4Cデイヤー側もそれに対する対策は用意しているわけで、競り負ける場合だって十分にありえる。 各デッキのリンクはデッキリスト集、大会入賞実績に繋がっているため、参考にしていただければと思います。 』の発売も間近であり、大きな環境の変化が予想されます。

次の