ザ シークレット マン 映画。 reg-eu.doubledutch.me: ザ・シークレットマン(字幕版): リーアム・ニーソン, ダイアン・レイン, トム・サイズモア, マイカ・モンロー: generic

映画ザ・シークレットマン

ザ シークレット マン 映画

総理大臣や大統領が警察に対して何かを指示してはいけないんですよ。 フェルトはワシントン・ポストのボブ・ウッドワード記者 ジュリアン・モリス と密会し大統領選挙を控え、この事件の重大性を警告します。 フェルト役を『シンドラーのリスト』や『96時間』で知られるリーアム・ニーソンが演じ、その妻オードリー役を『トスカーナの休日』のダイアン・レインが務めています。 ホワイトハウスの妨害により、全く進展しないウォーターゲート事件の捜査。 ニクソン大統領はこのFBIに対するウォーターゲート事件もみ消しで司法妨害に問われて、結局弾劾されそうになって辞任しているんですよ。 この作品は現在上映されている「ペンタゴン・ペーパーズ」とセットで観た方が良い。

次の

reg-eu.doubledutch.me: ザ・シークレットマン(字幕版): リーアム・ニーソン, ダイアン・レイン, トム・サイズモア, マイカ・モンロー: generic

ザ シークレット マン 映画

主演を務めたリーアム・ニーソンもフェルトという人物にも惚れ込み、フェルトの自伝『The FBI Pyramid』とボブ・ウッドワードの回顧録『ディープ・スロート 大統領を葬った男』を読み、フェルトが出演したTV番組を何本も見て、役作りを行いました。 できることなら少し予備知識として「ウォーターゲート事件」をざっと頭に入れてから観るのもいいだろう。 (町山智浩)シンドラー状態になるんですよ。 久々のアクションしないリーアム・ニーソン。 しかし、隠ぺいに加わるようにという暗黙の命令によって、口を封じられます。 メディアに対する信頼を失わせていくという事態があったので。

次の

ザ・シークレットマン

ザ シークレット マン 映画

パトリック・グレイを演じるマートン・ソーカス。 が、依頼をして研究をさせた研究結果の報告書なんですけども。 フェルトは晩年、2005年にディープ・スロートだったことを認めますが、認めたのは事件から実に30年以上経過してのこと。 で、どうしよう?って思ったら、そのニクソンの手がかかった長官が、「捜査中止!」って言うんですよ。 1993年に『 シンドラーのリスト』のオスカー・シンドラー役でアカデミー主演賞にノミネートされます。

次の

映画『ザ・シークレットマン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ザ シークレット マン 映画

『コンカッション』っていうんですけども。 グレイにより長年本部に勤めていた捜査官たちは、別の支局に飛ばされて行きます。 (山里亮太)はい。 ところが、トム・ハンクスは「こんなの冗談じゃねえよ。 それこそ100万人以上死んでいるんだぞ! これを載せるのは新聞の義務だろう!」ってキャサリンさんを突き上げるわけですね。

次の

映画 ザ シークレットマン ネタバレ感想 内部告発は大変だ

ザ シークレット マン 映画

機密情報が洩れている事を問題視され、グレイは審議会に呼び出されます。 CONTENTS• だから、マーク・フェルトはワシントン・ポストに行ったんですね。 審議会での追及に、観念したグレイは、自分がディーンに82件の機密情報を渡していた事を告白。 「助言はするがあとは君がやるんだ」とか言ってて信用できない感じに映ったのも、フェルト自身がニクソンの監視下に置かれていたから当たり前。 で、監督はね、ピーター・ランデズマンという人で、この人はこの前に撮った映画はアメリカン・フットボール、NFLで次々と脳震盪で半身不随になる人が増えているというタブーを暴いた映画を撮った人です。

次の

町山智浩『ペンタゴン・ペーパーズ』『ザ・シークレットマン』を語る

ザ シークレット マン 映画

キャスト [ ]. ホワイトハウスの内政担当補佐官室に呼び出されたのは、FBI(連邦捜査局)の副長官マーク・フェルトです。 観終わったあとにそう感じました。 それが、ニューヨーク・タイムズに1971年。 ワシントン・ポストにニクソン政権がFBIのウォーターゲート事件捜査を妨害しているという記事がのります。 やがてワシントン・ポスト紙に、ウォーターゲート事件は元 CIA 職員による盗聴事件だとの記事が掲載される。 自宅へ帰るフェルトは妻オードリー ダイアン・レイン とは仲が良いようであり、酒を飲みラテンダンスを楽しみます。 しかしCIAはフェルトに捜査をフェードアウトさせろと干渉してくる。

次の

ザ・シークレットマン

ザ シークレット マン 映画

「大事なニュースというのは、それを圧力で潰そうとするものがいるニュースです」って言っているんです。 もっとも史実からするとフーバー長官の率いるFBIの独立性というのは、「やりたい放題」という感があり、副長官はただそれに唯々諾々と従う官僚でしかなかった面もあるはずなので、それで昇任を期待するというのはあまりに主観的だろう。 もし、そうなら。 彼がなぜ、いままでやってきたことを反省して、国のため、国民のために情報を漏らそうとしたのか? はこの映画のいちばん最後でわかるんですよ。 映画『ザ・シークレットマン』のあらすじ ある日の深夜、5人の男がワシントンD. しかし、アメリカ社会の治安を維持するためにFBIの独立性は重要。 (海保知里)ええ、ええ。 ザ・シークレットマンのネタバレあらすじ:起・フーバー長官の死、ニクソン大統領とFBIの対立 1972年ベトナム反戦運動が激化する中、ニクソン大統領は同年の選挙で再選されるかと微妙な立場でした。

次の