いと へん かい。 部首

いと へん かい

黄 -• 爻 -• - しんのたつ• 1()のすべての字について部首と画数を定義した。 无 -•。 また、1946年(昭和21年)の当用漢字表、1949年(昭和24年)の当用漢字字体表によるへの変更により、旧字体との乖離への対応も必要となった。 つくえ・きにょう・かぜかんむり• - さんづくり、けかざり、かみかざり• 鬥 -• 𤴔 -• 部首法 [ ] 部首法とは、漢字において、収録されるを分類する際、など、字の一部分を用いる方法である。 +4画• ぶん・ぶんにょう• 穴 -• 几 -• 襾・西• のぎ・のぎへん• 工 -• ひ・ひへん・れっか・れんが• 主にJIS第1水準・JIS第2水準の漢字を対象に記載しています。

次の

糸(いとへん) Chinese characters List|Japanese Kanji Dictionary

いと へん かい

米 -• 罒 -• 己・已・巳• - カン、いちじゅう、ほす• 部首による分類では、全ての漢字に一つの部首が割振られる。 - かた、かたへん• またなどではが可能なものもある。 聿 -• いとがしら• 斤 -• - しろ、しろへん• これを是正するために、日本の漢和辞典では中の部分を2画の「厶」に見えるようにした活字を使用することがある。 目 -• ;歯 jp ; 齿 cn - は、はへん 十六画 [ ]• - おに、きにょう 十一画 [ ]• - ほこ、ほこづくり、ほこがまえ、たすき、かのほこ• 止 -• 心 -• 部首の種類 構造別一覧 偏 へん 漢字の左側に位置する。 香 -• +16画• - ホウ、ほうへん、かたへん• 「快」の字の左側、「 忄」。 +8画• 耳 -• 里 -• - シン• などでを分類する際、、すなわち へん や かんむり など、字の一部分を用いる方法がある。

次の

部首が「かいへん」の漢字一覧

いと へん かい

龜 -• - ぬいとり、ふつへん、チ 十三画 [ ]• ( かまえ):全体を包む位置型。 - 単・営 (『漢字源』『新漢語林』『漢字典』)• - ヨウ、もちいる• 一方で、部首は、原則として文字のグループに共通する意味を表すので、部首のつく位置は必ずしも一定していない。 革 -• 攴 -• かめ 部首 17画• かわ・まがりがわ• 亠 -• また、現代の活字や楷書体では形状の差がないことから夂部と夊部、匚部と匸部はまとめられることが多くなった。 部首による分類は、字書における漢字の分類・配列方法であるのみならず、字書を引く際の検索方法も与える。 - むじなへん• たに・たにへん• +4画• - ショウ、しょうへん• 例: 街は左右の「」の包みと圭。

次の

部首が「いとへん」の漢字一覧

いと へん かい

- セイ、ショウ、いきる、うまれる• 部首の見当をつける。 例えば「更」は「丙」と「攴」の会意文字で、現在の字書には「丙」の部がないため本来「攴部」に入れるべきであるが、楷書の字形がもはや「攴」の原型をとどめていないので、字形によって「曰部」に入れているのである。 みずから• 金 -• - みみ、みみへん• - のごめ、のごめへん• 邑 -• 長 -• 礻 -• 金属に関する漢字、「かねへん」を含む漢字などが集められています。 糸 -• - つち、つちへん• 部首の名称は字書にて慣用的に用いられているものを示した。 - オツ、おつにょう、つりばり• けいさん・けいさんかんむり・なべぶた• - むし、むしへん• ほね・ほねへん• +19画• 車 -• 石 -• :右部開き包み型。

次の

部首が「かねへん」の漢字一覧

いと へん かい

鬲 -• 至 -• はつがしら• - 並・兼 (『漢字典』) メ部・マ部(いずれも『漢字典』)など、所属する文字がないものの検索の便宜上作られた新部首もある。 ; 见 cn - みる• 『字彙』は部首の配列順及びその部首に属する漢字の配列順をすべて画数順とした画期的な字書である。 例: 亘は上下の 一と日。 にんにょう・ひとあし• - あさ、あさかんむり 十二画 [ ]• - うかんむり• 子 -• これは、字書では「金」の部に置かれる。 ; 页 cn - おおがい、いちのかい• こざと・こざとへん・おか• 「いとへんのまち」は、一年に一度 多くの皆様と 産地の作り手 が直接お話出来る貴重な機会であり、皆様の応援のお声をいただき成長してまいりました。 氏 -• はこがまえ• しかし、まだまだ県をまたいだ移動自粛や3密の回避などが言われており、第2波、第3波が懸念される中では、1ヶ月以上先の計画とはいえ、ご来場くださる皆様や出展者様の安心安全を考えると開催は断念せざるを得ませんでした。 その上、ある漢字を元にして派生した漢字が1字でもあれば元になる漢字を必ず部首として立てるという方針で編纂されているため、「殺」や「放」などの形声文字も部首として立てられている。

次の

偏(へん)の部首一覧

いと へん かい

赤 -• - ハチ、はちがしら• たとえば「鳥」が「鴃(もず)」のように偏となることも、「鶏(にわとり)」のように旁となることも、「鳧(けり)」のように冠となることも、「鶯(うぐいす)」のように脚となることもあるが、どの位置についてもそれが「鳥部」の字であることに変わりはない。 禸 -• 旁 つくり 漢字の右側に位置する。 手 -• たとえば康熙字典では「事」は「亅」部に、「垂」は「土」部に置かれる。 ;西; 覀 - おおいかんむり、にし 七画 [ ]• 「木部」「目部」のうち、でもでも旁の「目部」に分類している。 臼 -• 部首を用いて、の中からを探す手順は次のようになる。 これは、ほぼそのままの形である。 耂 -• 各漢字の部首への所属は以下のような優先順序で決められる。

次の

いと へん かい

偏(hen) [59]• 身 -• 部首一覧表 1画の部首 部首 読み方 一 いち 乙 乚 おつ・おつにょう・つりばり 丨 ぼう・たてぼう 丶 てん 丿 の・はらいぼう 亅 はねぼう・かぎ 2画の部首 部首 読み方 入 いる・いりがしら・にゅう・いりやね 凵 うけばこ・かんにょう 匸 かくしがまえ 刀 刂 かたな・りっとう 厂 がんだれ 冂 けいがまえ・まきがまえ・どうがまえ 十 じゅう 力 ちから 几 つくえ 勹 つつみがまえ 卜 と・ぼくのと・うらない 亠 なべぶた・けいさんかんむり 二 に 冫 にすい 儿 にんにょう・ひとあし 匚 はこがまえ 八 はち・はちがしら 匕 ひ・さじ 人 にんべん・ひと・ひとがしら・ひとやね 卩 ふしづくり・まげわりふ・わりふ 又 また 厶 む 冖 わかんむり・べきかんむり 3画の部首 部首 読み方 幺 いとがしら・よう 犭 犬 いぬ・けものへん 宀 うかんむり 工 え・こう・たくみ・たくみへん 廴 えんにょう・いんにょう 邑 阝 おおざと・むら 己 おのれ・すでに・き・こ・み 女 おんな・おんなへん 川 巛 かわ・まがりがわ 干 かん・いちじゅう・ほす 彳 ぎょうにんべん 艸 艹 くさ・くさかんむり 口 くち・くちへん 囗 くにがまえ 彐 彑 けいがしら・いのこがしら 子 こ・こへん・こども・こどもへん 心 忄 こころ・りっしんべん・したごころ 阜 阝 こざとへん・おか 士 さむらい・さむらいかんむり 彡 さんづくり・けかざり 尸 しかばね・しかばねかんむり・かばね 弋 しきがまえ・よく 小 しょう・しょうがしら・ちいさい 辵 辶 しんにょう・しんにゅう 夂 ふゆがしら 寸 すん 大 だい・だいかんむり・だいかしら 尢 だいのまげあし・まげあし ツ つかんむり 土 つち・つちへん 手 て・てへん 屮 てつ・くさのめ 廾 きょう・にじゅうあし・こまぬき 巾 はば・はばへん・きんへん・きんべん 广 まだれ 水 氵 氺 みず・したみず・さんずい 山 やま・やまへん 夕 ゆう・ゆうべ 弓 ゆみ・ゆみへん 夊 すいにょう・なつあし 4画の部首 部首 読み方 欠 あくび・かける 网 罒 㓁 あみがしら・あみめ・よんがしら 犬 犭 いぬ・けものへん 曰 ひらび・いわく 牛 うし・うしへん 氏 うじ 老 耂 おいかんむり・おいがしら・おいる 斤 おの・おのづくり・きん 片 かた・かたへん 歹 歺 がつ・がつへん・いちたへん・かばねへん 木 き・きへん 气 きがまえ 牙 きば・きばへん 艸 艹 くさ・くさかんむり 比 くらべる・ならびひ・ひ 毛 け 爻 こう 心 忄 こころ・りっしんべん・したごころ 支 し・しにょう・えだにょう 示 礻 しめす・しめすへん 爿 しょう・しょうへん 辵 辶 しんにょう・しんにゅう 无 旡 すでのつくり・ぶ・なし・むにょう 尢 だいのまげあし・まげあし 玉 王 たま・たまへん・おうへん 父 ちち 月 つき・つきへん 爪 爫 つめ・つめかんむり・つめがしら・そうにょう 手 て・てへん 戸 と・とだれ・とかんむり 斗 と・とます 止 とめる・とめへん 毋 母 なかれ・はは 肉 月 にく・にくづき 日 にち・にちへん・ひ・ひへん 火 灬 ひ・ひへん・れっか・れんが 文 ぶん・ぶんにょう 方 ほう・ほうへん・かたへん 攴 攵 ぼくづくり・ぼくにょう・のぶん・とまた 戈 ほこ・ほこづくり・ほこがまえ 殳 ほこ・ほこづくり・るまた 水 氵 氺 みず・したみず・さんずい 5画の部首 部首 読み方 穴 あな・あなかんむり 甘 かん・あまい 网 罒 㓁 あみがしら・あみめ・よんがしら 生 いきる・うまれる・せい・しょう 石 いし・いしへん 瓜 うり 歹 歺 がつ・がつへん・いちたへん・かばねへん 瓦 かわら 牙 きば・きばへん 皮 けがわ・ひのかわ 玄 げん 衣 衤 ころも・ころもへん 皿 さら 示 礻 しめす・しめすへん 禸 ぐうのあし・じゅう 白 しろ・しろへん 无 旡 すでのつくり・ぶ・なし・むにょう 田 た・たへん 立 たつ・たつへん 玉 王 たま・たまへん・おうへん 毋 母 なかれ・はは 禾 のぎ・のぎへん 癶 はつがしら 疋 ひき・ひきへん 矛 ほこ・ほこへん 水 氵 氺 みず・したみず・さんずい 目 め・めへん 用 よう・もちいる 矢 や・やへん 疒 やまいだれ 6画の部首 部首 読み方 网 罒 㓁 あみがしら・あみめ・よんがしら 至 いたる・いたるへん 糸 いと・いとへん 色 いろ 臼 うす 瓜 うり 老 耂 おいかんむり・おいがしら・おいる 襾 西 覀 おおいかんむり・にし 艸 艹 くさ・くさかんむり 米 こめ・こめへん 衣 衤 ころも・ころもへん 艮 こん・ごん・こんづくり・ねづくり・うしとら 而 しこうして・しかして 舌 した・したへん 臣 しん 竹 たけ・たけかんむり 血 ち 虍 とらがしら・とらかんむり 肉 月 にく・にくづき 羽 はね 羊 ひつじ・ひつじへん 聿 ふでづくり・いつ 舟 ふね・ふねへん 缶 ほとぎ・ほとぎへん・かん 舛 まいあし 自 みずから・じ 耳 みみ・みみへん 虫 むし・むしへん 行 ゆきがまえ・ぎょうがまえ 耒 らいすき・すきへん 7画の部首 部首 読み方 赤 あか・あかへん 足 あし・あしへん 豕 いのこ・いのこへん・ぶた 臼 うす 邑 阝 むら・おおざと 貝 かい・かいへん・こがい 辛 しん・からい 車 くるま・くるまへん 言 ごんべん・げん・ことば 里 さと・さとへん 臣 しん 辵 辶 しんにょう・しんにゅう 辰 しんのたつ 谷 たに・たにへん 角 つの・つのへん 釆 のごめ・のごめへん 走 はしる・そうにょう 酉 ひよみのとり・とりへん・さけのとり 舛 まいあし・ます 豆 まめ・まめへん 身 み・みへん 見 みる 麥 麦 むぎ・ばくにょう 豸 むじなへん 8画の部首 部首 読み方 青 あお 雨 あめ・あめかんむり 阜 阝 おか・こざとへん 食 しょく・しょくへん 金 かね・かねへん 斉 齊 せい 長 ながい 非 ひ・あらず 隹 ふるとり 門 もん・もんがまえ・かどがまえ 隶 れいづくり・たいづくり 9画の部首 部首 読み方 頁 おおがい 音 おと・おとへん 香 かおり・か 風 かぜ 革 かわへん・つくりがわ・かくのかわ 首 くび 食 しょく・しょくへん 飛 とぶ 韋 なめしがわ 韭 にら 面 めん 10画の部首 部首 読み方 馬 うま・うまへん 鬼 おに・きにょう 鬲 かなえ・れき 髟 かみかんむり・かみがしら 高 たかい 鬯 ちょう・においざけ 鬥 とうがまえ・たたかいがまえ 韋 なめしがわ 骨 ほね・ほねへん 龍 竜 りゅう 11画の部首 部首 読み方 麻 あさ・あさかんむり 魚 うお・うおへん・さかな 龜 亀 かめ 黄 き 黒 黑 くろ 鹵 ろ・しお・しおへん 鹿 しか・しかへん 鳥 とり・とりへん 麥 麦 むぎ・ばくにょう 12画の部首 部首 読み方 黄 き 黍 きび 黒 黑 くろ・くろへん 歯 齒 は・はへん 黹 ふつへん・ぬいとり・ち 13画の部首 部首 読み方 鼎 かなえ・てい 鼓 つづみ 鼠 ねずみ・ねずみへん 黽 べんあし・かえる・べんのあし・べん 14画の部首 部首 読み方 鼻 はな・はなへん 斉 齊 さい・せい 15画の部首 部首 読み方 歯 齒 は・はへん 16画の部首 部首 読み方 龜 亀 かめ 龍 竜 りゅう 17画の部首 部首 読み方 龠 やく・やくのふえ 以上、『漢字の部首一覧表《読み方付》』を紹介しました。 部首の中には通常の明朝体活字と違う画数が定められているものがある。 - ジ、みずから• - ち• - け• 舟 -• - あな、あなかんむり• 』という思いで、GW明けの状況を見守ってきました。 「牧」の字は「攵」が音符なので意符は「牛」、したがって「牛部」に属する。 は・はへん 部首 16画• つち・つちへん・どへん• 戸 -• - こめ、こめへん• 斗 -• 冠(kanmuri) [19]• これは、普通「りっしんべん」と呼ばれる。 ;黒 jp - くろ• 刀 -• 『説文解字』による部首分類 [ ] 初めて漢字を部首によって分類したのは『』である。

次の